KMA logo
沿 革

  • 1945年8月: 太平洋戦争の終戦により、わが国は実物の飛行機はおろか、模型飛行機の製作すら禁じられる。
  • 1949年10月: 模型愛好者の熱意と努力により、趣味の模型飛行機に限って、製作や飛行が解禁となり、小川重夫氏(小川精機創設者)や初代会長大谷演慧氏を中心にして「関西国際模型飛行機倶楽部」(KAIMAC)が誕生。これが現在の関西模型クラブ連合会(KMA)の前身である。
  • 1952年: 模型飛行機が盛んになるにつれ、各地で多くの模型飛行機クラブが誕生したため、KAIMACを発展的解消し、関西のクラブを統括する団体として「関西模型航空協会」を発足。
  • 1954年: 関西模型飛行機クラブ連合会」(略称KMA)と改名。
  • 1979年: 京都市伏見区の宇治川河川敷に、建設省(現・国土交通省)より許可を受け「関西模型飛行場」(現「KMA京都模型飛行場」)開港。KMA活動の拠点が固まる。
  • 1993年: 関西ラジコンホビー発展を合言葉に、ラジコンカー部門、ラジコンボート部門の方々とも手を結び、飛行機中心の連合会から、陸・海・空にわたる総合模型クラブ連合会「関西模型クラブ連合会」(略称はKMA)として更に大きな飛躍を目指す。
  • 1999年: 1949年のKAIMAC誕生から数えて50周年を迎え、F3Aスタント、F4Cスケールの両日本選手権誘致をはじめ、多彩な記念行事を行う。
  • 2000年: 初の加盟クラブミーティングを開催。
  • 2005年: 創設以来会長を務められた大谷演慧氏にかわり長谷川克氏が会長となる。
  • 2009年: 4月、兵庫県淡路市に念願のF3A競技可能な飛行場、KMA淡路市・貴船模型飛行場が開場(同飛行場は2012年末で閉場)
  • 2013年: 1月、「一般社団法人 関西模型クラブ連合会」として設立申請、認可される。
  • 2013年: 6月、淡路市岩屋地区に新飛行場の建設を開始。
  • 2014年: 4月、淡路市岩屋地区に、KMA淡路市岩屋模型飛行場を開場(同飛行場は2016年6月で閉場)

|トップページに戻る|