今年は24名のエントリーをいただきました。今年から福知山鬼の里模型飛行場で開催です。昨年6月に開港をしましたが、すぐの大雨や台風で、進入道路が破壊され、おまけに滑走路に200oも泥が溜まり、2か月以上も滑走路へ車が進入できない状態になりましたが、KMAに協力をいただける皆様のおかげで、整備して運用を始めれたのが10月末でした。感謝感謝ですね。

 前日の天気予報が悪く、練習に来られた方は少なかったですね。でも来られた方々には飛行場の整備をお手伝いいただき、ありがとうございました。予定よりきれいに、早く終了できました。

 いよいよ大会が始まります。天気予報は晴れで風も弱い好条件とのこと。朝から機体検査(重量、大きさ、保険番号、識別番号、騒音、フェールセーフ)が行われ、9時から羽根田さんの目慣らし飛行に続いて競技が開始されました。1日の土曜日には2ラウンド、日曜日には1ラウンドの予定です。得点の一番悪いラウンド捨て、2つのラウンドの合計点で争われます。素点は4名ジャッジの演技ごとの上下カットとし、ラウンド毎に上位半数の平均値を1000点とする千分率で得点が決まります。2ラウンド目の夕方に飛行場独特の嫌な風になり、その時にフライトされた方は少し、不運でしたね。でもこれも実力のうちです。翌日の条件は予報に反して、ベタ凪、空気も少し重い感じです。絶好のフライト条件で、高得点が期待されます。前日の夕方に不運に見舞われた方々はここで挽回でした。第一ラウンドは坂本選手がトップ、林田選手、山崎選手と続きます。第二ラウンドは林田選手がトップをとり、坂本選手、山崎選手と続きます。この3名はほぼ予選通過を手中にしていました。4番目が熾烈でした。東選手、松原選手、桝田選手が僅差でほぼ横並びでした。ここで一波乱です。松原選手がご都合により、第三ラウンドを棄権することになり、東選手と桝田選手の得点が、順位を決めます。いい条件でのフライトで、お二人とも得点を伸ばし、結果は一位:坂本選手、二位:林田選手、三位:山崎選手、四位:東選手となりました。東選手は初出場を獲得したわけです。補欠は松田選手、桑田選手となりました。皆さん、本選では頑張ってきてください。健闘を祈ります。

 オールジャパンは松原選手、桑田選手、澤田選手、森本選手、奥選手が選ばれました。

 暑い中、ジャッジを務めていただきました、奥村ジャッジ、上田ジャッジ、中田ジャッジ、神戸ジャッジ、お疲れ様でした。また大会の運営に協力をいただきました、山原さん、藤本さん、加藤さん、中村さん、羽根田さんにはこの場を借りて、御礼申し上げます。

 また、GoModelの松田様から整備にと20000円の寄付をいただきまして、ありがとうございます。
今回は予定より多くのエントリーをいただきましたので、費用の残りは飛行場の整備に活用させていただきます。

   当日の成績表

 (文と写真:KMA RC曲技委員長  神戸 祥明)

画像をクリックすると拡大表示できます

開会式

開会式

機体検査の騒音測定

騒音測定の待ちの列

みんなで滑走路のチェックです

待機中です

三間選手の新作機です

単葉と複葉ならんで

参加の機体群

参加の機体群

参加の機体群

バラエティに富む機体群

少しの休憩

目慣らし飛行の準備

駐機場です

フライト中

閉会式

ジャッジ講評です

日本選手権予選通過者;
右から坂本選手、林田選手、山崎選手、東選手、松田選手(第一補欠)、桑田選手(第二補欠)

オールジャパン予選通過者;
右から桑田選手、澤田選手、奥選手、森本選手、ほかに松原選手が通過